スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「焼酎」や「酒」は、どう英訳する?!

こんにちは。ICAは福岡を拠点としています。

地元にいるとあまり感じないのですが、福岡はホテルの予約が取りづらいことで有名だそうです。

人気グループの「嵐」や「EXILE」のコンサートのときに民泊を許可することが話題になっていました。

確かに、福岡は、地理的に韓国や台湾などが近いためか、街を歩いていると旅行客に出会うことが多いです。

天神のカフェでお茶してると、英語や韓国語、中国語が飛び交います。

そんななかにいると(ん? ここは日本よね?)と思うこともしばしば。


そんなわけで(?) ICAでも、海外客向けのメニューやアクセスマップ、パンフレットなどのお仕事を頂いてきました。

特に、「和風もの」の見積もりやお仕事をちょくちょく頂きます。

もともと日本独特のものを訳すことになるので、「これを英語に直せって言ってもなー」というものが多いです。

そういうときは、まず日本語をそのままローマ字化してカッコ書きで説明をするというのが定番のようです。


例えば、Sake(a rice wine),Sumo(Sumo Wrestling)といった具合です。

Shochu(焼酎)なんていうのも訳しました。

食事に行くと、「ここのメニューはどんな英訳にしてるかな?」とつい目が行ってしまいます。

あなたも、機会があれば、チェックしてみるとよいかもです。

See you(*^ー^)ノ
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。